優秀な主成分を持つ水虫治療薬ラミシール

優秀な主成分を持つ水虫治療薬ラミシール

ラミシールはノバルティスファーマ株式会社から販売されている水虫治療薬です。このラミシールは「テルビナフィン塩酸塩」を主成分とした優れた殺菌作用を持つ水虫治療薬です。

ラミシールの主成分がもたらす効果

ラミシールは、世界的な製薬会社であるノバルティスファーマが製造販売している医薬品です。真菌を殺菌することができる医薬品であり、水虫の治療に効果があります。
ラミシールの有効成分は、テルビナフィン塩酸塩です。アリルアミン系の抗真菌薬として知られていて、強い抗真菌作用があります。皮膚真菌症の原因となる白癬菌やカンジダの増殖を抑えて、殺菌することができます。水虫の原因は、白癬菌であり、ラミシールは、水虫の原因そのものをなくすことができます。
ラミシールには、錠剤や、クリーム、外用液、外用スプレーの計4製剤があります。
外側から塗るタイプの薬は、外側から水虫の原因をなくすことができます。水虫などの幹部よりも広い範囲で塗ることで、高い効果があるため、使用するときには塗り方の注意も必要です。
内服薬の場合には、塗り薬では治りにくい爪水虫や角質増殖型の水虫などに対して有効的です。腸から吸収された有効成分のテルビナフィン塩酸塩が、爪や皮膚角質に集まる性質があり、真菌細胞内へと移行して、殺菌することができます。内服薬は体の内部から殺菌することができるため、塗り薬では治りにくい場所をはじめとする広範囲の場所の治療をすることができます。そのため、外側から塗るタイプで症状の改善ができなかった場合などに切り替えて使用することもあります。
ラミシールは、皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属などが原因の感染症に効果的な薬です。内服薬の場合は、125mgを1日1回食後に経口服用することで、効果を発揮します。薬の飲み合わせが悪いものもあるため、何かほかの薬を飲んでいる場合には、医師や薬剤師に申告する必要があります。

信頼のあるラミシールの製造会社

水虫の治療において、外用の塗り薬の処方だけでは、中々改善がみられないしつこい症状があります。爪の中や角化した皮膚の深部に侵入した白癬菌の類になりますと、どうしても外からのケアだけでは、菌がはびこる核心部へ届きにくい面があり、症状も長期化しがちです。
その厄介さを解消して、十分な効き目を行き渡らせるために開発されたのがラミシール内服薬になります。ラミシールは、服用することにより、菌の繁殖を促す部分に直接働きかけて阻害しますので、症状の広がりを抑え、最終的に菌を死滅させます。また、菌に対してだけ作用しますので、その他の体の細胞に至るまで悪さを及ぼすことがありません。薬である以上は、役割を果たしたあとの体内からの排出には、体に負担のかかることがありますが、極めて安全な薬になります。
これらの作用は、ラミシールの製造会社による多くの臨床データをもとに得られたものになります。歩行にも支障をきたす重度の症状を抱えた患者の集まりの中での治験になりますので、データ収集には期間を要します。医療現場に携わる医師たちからも、多くのアドバイスを得ています。回復経過については個人差がありますが、ほぼ良好な結果を導き出すことができたことにより、利用開始に至っています。
ラミシールの服用にあたっては、医師の指導の元で行うことが安全かつ確実な回復を導きます。特に、ラミシール以外の薬を服用している場合は、飲み合わせの点で慎重さが必要です。また、ラミシールさえ利用していれば回復するわけではなく、衛生管理をはじめとする生活指導も大切になります。その指導面に関しても、ラミシールの製造会社で得られたノウハウが生かされています。

ラミシールを入手するための方法

日本人の4~5人に1人は、水虫に悩まされているいいます。
水虫の正体は、カビ(真菌)であり、正式の病名は、足白癬といいます。
足カビである白癬金は、ほかの病原菌やウイルスのように生きた細胞を攻撃しませんから、人に対する毒性は、それほど強いものではありません。
足に寄生したら足白癬、太ももの場合はいんきんたむし、手の場合は手白癬と呼ばれます。
30年ほど前までは、水虫にかかると、治せないものといわれていました。
このカビを抑える薬、抗真菌剤には、真菌の活動を抑える静真菌作用をもつものと、殺真菌作用を持つものがあります。
静真菌作用とは、真菌の増殖は抑えるが、殺すまでには至らないという薬です。
第2次大戦後、たくさん開発された抗真菌薬は、この静菌作用を持つ薬でした。
医薬品の開発が進み現時は、この殺真菌作用を持ち、角質層に速やかに浸透させる薬「テルビナフィン塩酸塩(ラミシール)」をはじめ、いろいろな薬が開発されています。
普通の水虫なら、専門医の指示どおりの治療、ラミシールのような殺真菌作用を持った薬の的確な服用で、ほとんどの人が数カ月で完治をするようになりました。
足白癬を治すのに、まず専門医の診察を受け、足に白癬菌がいることを確かめてもらうことです。
なかには、自己診断で、水虫と思っている人もいますが、足が蒸れて単なる湿疹ができているだけの人もいるのです。
ここで白癬菌が検出されると、ラミシールなどの殺真菌剤を使うのですが、普通の水虫には、ドラッグストアなどで市販されている外用薬(クリーム、スプレー、液体)少なくても、皮膚のターンオーバーが終わる4週間使い続けると、ほとんど完治します。爪白癬や角質の深部に増殖している白癬菌はラミシールを医師の処方箋によって、飲み薬として使用することで治癒に導きます。
時には、高齢者や在宅で介護を受けている人の場合は、飲み薬を使用した場合が効果的な場合があります。
▼おすすめ
フロリードDクリーム
ニゾラール