優秀な主成分を持つ水虫治療薬ラミシール

ラミシールはノバルティスファーマ株式会社から販売されている水虫治療薬です。このラミシールは「テルビナフィン塩酸塩」を主成分とした優れた殺菌作用を持つ水虫治療薬です。

ラミシールの足治し方に対する比較

足の裏はもちろんのこと、爪にも感染する水虫。
爪に感染すると白色化したり、肥大化したりして見た目を悪くさせます。
ただし、足の裏などにできる場合と違いかゆみなどの症状はありません。
そんな水虫に対する足治し方の治療を長年続けて来たけど効果がいまいち得られないと言う方が試すべき薬があります。
ラミシールクリームと言う軟膏で、テルビナフィンと言う成分が含まれています。
水虫はカビの一種である白癬菌(皮膚糸状菌)が原因で発症するもっとも身近な真菌症になります。
このテルフィナビンは真菌の細胞膜を破壊して殺菌の作用を果たします。
また、カンジタ症やタムシなどにも効果があります
治療期間は、白癬(水虫)、たむしが 1週間、カンジダ菌が 1~2週間。
足の裏にできた水虫については 2~4週間を要します。

いままでと比較して菌細胞の内側から作用することで高い効果を発揮します。
水虫の足治し方としては患部に塗り薬を塗り続けると言うシンプルな方法です。
ラミシールは一日一回患部に擦り込みます。
同じ成分である服用タイプも出回っているため併用すればより効果を得られます。

普通の水虫の薬はジュクジュクした症状の水虫には使えなません。
ラミシールクリームはそんな条件でも使用することができます。

塗ったあとの感触としては、1週間ぐらいでジュクジュクした皮膚感がなくなり、水っぽい状態になります。
塗布後はかゆみも治まるため完治するまでは時間がかかりますが、快適に過ごすことができます。

よく比較されるイトラコナゾールはラミシールよりも短時間で治療を完了できるように作用しますが、治癒率から比較するとラミシールの方が足治し方として高い治癒率を期待することができます。