優秀な主成分を持つ水虫治療薬ラミシール

ラミシールはノバルティスファーマ株式会社から販売されている水虫治療薬です。このラミシールは「テルビナフィン塩酸塩」を主成分とした優れた殺菌作用を持つ水虫治療薬です。

足湯で移った水虫治療にはラミシールやゼフナートが有効

公衆浴場やプールなど不特定多数が出入りする場所に敷いている足踏みマットには、水虫の原因になる白癬菌がたくさん付いています。水虫の人が使った足踏みマットの後を踏むと、その人の白癬菌があなたの足の裏にも付着します。足が乾けば足の裏に付いた白癬菌も落ちるので必ずしも水虫になるわけではありませんが、足がしっかり乾く前に靴下を履くことは避けましょう。そんな状態の靴下の中は菌が繁殖しやすい湿気を帯びていますので、水虫になる可能性が高くなります。
観光地でよく見かける足湯で注意が必要なのは、足湯から上がったあとで足を拭くタオルを共有することです。一緒に入った人が水虫を持っていた場合、その人が先にタオルを使い、次の人がそれを使うとやはり水虫が移るリスクが高まりますので、足湯から上がったあともよく足全体を乾かしましょう。
足がかゆいと思ったら放置するのは危険です。指の間に水虫が有るときにすぐに病院に行けば、治るまでの期間も短くて済みます。例えばゼフナートという薬は菌を殺す力が強いので、水虫を放置して足の裏まで菌が繁殖しても1日1回塗ることで治りますが、さらに放置して爪まで菌が入り込むとゼフナートだけでは治すことが難しくなります。その際にはラミシールという飲み薬を使う必要があります。ラミシールは良く効きますが、肝機能が悪いと使えないので注意が必要です。また爪の水虫は治療期間も長くなるので、ラミシールは値段が安くはないため掛かる費用も増えてきます。
水虫かな?と思ったら早めに病院に行き、症状に応じて医師にゼフナートまたはラミシールを処方してもらい、適切にな治療を根気よく続けましょう。症状が治まったと思っても素人判断せずに治療を続けることが完治への道です。